2018年02月17日

申楽乃座 自然居士 樋口陽一さんの寄稿

image1.JPG申楽乃座 1991.8.3
「反核・平和のための能と狂言の会」
狂言『蚊相撲』 能『自然居士』

武満徹さんの寄稿を先日ご紹介しましたが、今回は樋口陽一さんの寄稿をご紹介します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「湾岸」での「戦勝」を祝って、ニューヨークの目ぬき通りに紙吹雪が舞う。だが、能は、けっして、戦争をそのように見てはこなかった。
修羅の苦患のカケリ。『朝長』の救いのない最期。勝修羅の『屋島』も、朝あらしの空しさに勝者の孤独をえがくことで終わる。それに、『藤戸』があった。勝者のうしろめたさ、やましさから目をそらすことを許さない能。ー能が武家貴族社会の式楽だったことを思うと、私は、彼らの戦争観がみごとなまで複眼的だったことに感動する。
「冷たい戦争」が終って、かえって、熱い戦争が噴き出した。栄光の凱旋将軍たちは、いま、無数の『藤戸』の老母たちのことに、すこしでも思いをめぐらそうとはしていない。そんな世界のなかで、いま、日本人ひとりひとりの生き方が問われている。反核・平和へのよびかけが、能のこころと深いところで結びついて、世界じゅうに、それよりさきに日本社会のすみずみに、ゆきわたってほしい。無法ものはすぐにはいなくならないだろう。しかし、というよりはだからこそ、『自然居士』の喝食(かっしき)のおもて(面)と舞から、捨て身で人を救けようとする平和への信念と智慧の大切さを、私は読みとろうと思う。 樋口陽一
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『自然居士』
親の追善のために自らを人買いに売り、それで得た小袖を供え物として、雲居寺造営のための説法をする自然居士に捧げた少女。彼女を救うため自然居士は、東国へと向かう人買いたちを追いかけ、琵琶湖湖畔の大津にて、追いつき「その人買い舟」と呼びかけます。観阿弥作
posted by しみかん at 10:51| 日記