2016年01月13日

「冬の旅は素敵だ!」その2 松浦鉄道と大村湾

長崎空港からANA666便に乗って羽田に向かっている。
今朝は、松浦鉄道佐世保中央駅から佐世保駅まで、これがまったく残念なことに、たった一駅だけではあったが、松浦鉄道に初めて乗ることができた。150円。
少し晴れ間も出たので、JRでハウステンボスまで行き、そこから船で大村湾を突っ切って空港へ向かおうと思ったのだけれど、ハウステンボスの中、船着き場まで行くのに入場券が要る!
外から歩いてはいけないらしい。間に合わない・・・ので、空港行きのバスに乗る。まあこれはこれで、高速を通らず下の道だったのでよかった。

一つ年を重ねての初めての旅は、佐世保行き。
市役所とアルカスSASEBOを訪問。1月後の来月11日にここでお話をする打合せ。
まあ、お話だけなら下見も必要ないかもしれないけれど、佐世保の文化創造についてがメインのテーマらしいのでは、その空気に触れておかねばならない。
内容はまたいつか。

佐世保では、是非お会いしたい人がいた。
浦上天主堂で「長崎の聖母」を初演した時の天主堂の主任司祭、平野勇神父。
佐世保にいらっしゃるとだけ聞いていたのだけれど、鹿子前(かしまえ)教会にいらした!
本当にしばらくぶりにお会いでき、このところのご報告もできた。
ちょっと肩の荷が降りたね。

ああ、富士山、伊豆半島過ぎた。
富士山、雪少ない!
大島上空。
まもなく降下かな。

冬の旅、続きます。

2016・1・13



iPadから送信
posted by しみかん at 15:20| 日記