2015年12月07日

《劇場は素敵だ!12・2》 シリーズ 第一回

winmail.dat
≪劇場は素敵だ!≫シリーズをやってみます。
訪れた劇場と作品を簡単にですが紹介してみます。

第一回  (12月の劇場行2公演目)

富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ マルチホール

キラリ富士見・レパートリー新作
日韓共同制作『颱風奇譚』
 
原作:W.シェイクスピア『テンペスト』
作:ソン・ギウン 
演出:多田淳之介
2015年12月5日(土)14:00開演

出演:チョン・ドンファン(李太皇)、チョン・スジ(李素殷)、パク・サンジョン
(李明公)、佐山和泉(李櫻子)、小田豊(西大寺兼保)、永井秀樹(藤村男爵)、
山崎皓司(宮部大尉)、大石将弘(西大寺成保)、夏目慎也(玉三郎)、ペク・ジョ
ンスン(ウルトリ)、マ、ドゥヨン(ヤン・クリー)、チョ・アラ(運気=空気の精
霊)、伊東歌織(運気=空気の精霊)
舞台監督:ク・ボングァン 美術:島次郎 照明:岩城保 音楽・音響:チョン・ヘ
ス ドラマトゥルク:マ・ジョンファ 翻訳:石川樹里 通訳・制作アシスタント:
キム・ジョンミン 美術コーディネーター・小道具:ユ・ヨンボン 大道具制作:
ジュ・キョンソク 衣装:キム・ジョン 宣伝美術:町口覚

プロデューサー:松井憲太郎(キラリふじみ)、コ・ジュヨン
制作:矢野哲史(キラリふじみ)
共同製作:富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ、第12言語スタジオ、南山芸術セン
ター(ソウル)、安山アートセンター(安山市)
共催:独立行政法人国際交流基金
平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

上演時間 約2時間15分(休憩なし)
終演後、アフタートークあり 
出席:多田淳之介(演出)/永井秀樹(藤村男爵役)/マ・ドゥヨン(ヤン・クリー
役)

公益財団法人キラリ財団
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ
〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬1803-1
049-268-7788 
http://www.kirari-fujimi.com/
館長:松井憲太郎  芸術監督:多田淳之介

最寄駅は東武東上線鶴瀬駅 徒歩25分(とあるけれど道はまっすぐだしもう少し近い
か) バスあり
この作品は、5年目を迎えた「レパートリーの創造と発信」の活動のうち、海外の劇
場との初の共同制作作品。
韓国にて制作、韓国2都市、東京芸術劇場での公演を終え、ツアー最終公演。
「シェイクスピアの名作『テンペスト』を、波乱に満ちたアジアの近代化の幕開けを
描く悲喜劇へと生まれ変わらせます。」(キラリふじみ2015年間プログラムより)

館内での富士見市の歴史・文化の市民講座や演劇・音楽・映像ワークショップなどの
ほか、市内小・中・高校への演劇アウトリーチ活動なども。
「〈子育て〉と〈地域づくり〉を劇場がリンクさせるアイデアを練るための市民
フォーラム・・・」(キラリふじみ2015年間プログラムより)
田中泯さんも、「私の子供=舞踊団」という名前で講座を持ち、参加者のパフォーマ
ンスも。

追記
劇場行12月1公演目は、上野の東京文化会館小ホールでの「寺嶋陸也ピアノリサイタ
ル」
シューベルト ピアノソナタ ハ短調D.958、イ長調D.959、変ロ長調D.960
posted by しみかん at 01:06| 日記