2020年03月29日

「座談会へどうぞ」銕仙11号より

ーーーーーーー
座談会へどうぞ
ーーーーーーー
A O 生
千秋楽がすみ、囃子方が幕の彼方へ姿を消すや否や立ち上り「ええ今日も例のように脇正面で座談会をひらきますから」と呼びかけるのが銕仙会の日の私の任務である。別に頼まれた訳でもないが、他に大声を出してくれる人も居ないのでいつの間にか私の仕事になってしまったのである。
この座談会は特に支障の無い限り会がすんだ後一時間位行われている。
寿夫、静夫両師を中心に当日の能についての感想、批評がとり交され、見所からの不満や演者の弁解やらが持ち出される。今迄のところ若い人が多い丈に“結構でした”としか云わぬお弟子さん方とは違いかなり生意気な意見がはかれている。通ぶった見方よりは生硬な未熟な見方の方が幅をきかし常連よりは見始めの人の感想が尊重されて居り、そしてそのことがかえって寿夫さん、静夫さんの参考になっているらしい。
一体能のお客さん程おとなしい観客は無いのではなかろうか、高い会費を払い乍ら演者が失敗しようが、謡を間違えようが平気であり、いかにも満足したような顔で帰ってゆく。演者の方でもさぞ張り合いが無かろうと思う。不満があったら演者にぶちまけ、うまいと思ったらほめてやり、疑問の点は資してみるのが観客の権利ではあるまいか。寿夫、静夫両師の希望ではじめられた銕仙会の座談会はその意味からも良心的な結構な企てであると云うべきだろう。
学生会員の皆さん、能のように奥が深く、いろいろの見方があるものほど意見の交換がお互いの勉強になるのではないでしょうか。適當に満足して帰ってしまう人々の真似をすることなく、是非座談会へどうぞ。
若くない会員の皆さん、若い者が生意気なことをと御立腹の前に、一度座談会に御出席下さいまして若い我々を啓発して下さい。
殊に三月は、寿夫、静夫両師の出演ですし、暖かくもなりましたから座談会には理想的な月であると思います。銕仙会の座談会を一層意義あるものとするために、銕仙会を、能を愛する人々が大勢御参加下さいますようお願いします。

ーーー昭和28年3月8日発行「銕仙」11号 編集兼発行人 観世静夫

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
毎月の定期公演ごとに発行されているパンフレット「銕仙」が先月700号を迎えたのを記念に先号から創刊周辺からの記事を載せています。今回3月定期公演701号は上のAO生さんが記した座談会へ参加の呼びかけの再録でした。多分このAO生は故表章先生(1927〜2010)。当時25歳でしょうか。高校で教えてらした生徒さんたちが銕仙会を見た感想文も第5号に載っていて、これも今号に掲載されています。表先生は大きなお声で、講義をお聞きしても論理の鋭さ相まってかなりの迫力でした。銕仙会の学生会員、私が学生で見ていた頃(1971〜75)は、年間会員クーポン制で多い時は一回に100人くらい並んでいました。青山能の前身青山研究能の時も終演後座談会をやったことがありました。お客様と真摯で突っ込んだやりとりをしたいですね。 2020/3/14 清水寛二


実際には載っていなかったようですので、再度送ってみました。3/29
posted by しみかん at 13:48| 日記