2013年04月05日

花巻の特製賢治弁当 どこがけんじ〜

大槌からの帰り、新花巻で新幹線に。釜石でバスから汽車に乗り換え時間短く、昼飯食べ損ねて、新花巻の乗り換えも短くて、慌てて弁当を買う。
特製賢治弁当!
鹿踊りの絵と「春と修羅」から「海だべがど おら おもたれば
やっぱり光る 山だたぢゃい
ホウ
髪毛 風吹けば
鹿踊りだぢゃい」
期待して開けたが…。ご飯・梅干し・メンチカツ・エビフライ・ミートボール・焼き肉・玉子焼・焼鱒・酢レンコン・煮物・ワサビ漬。
なぜ賢治?
しかも箱の大きさの割に中身小さくて、このガラガラの車内を行ったり来たりしている車内販売のお姉さんからも一つ買おうか?

大槌の能、場所や日にちなど候補、昨日ぐんぐん決まって、あとは出演者などとの調整。
よろしくお願いいたします。詳細はやがて。
昨夜の宿泊は、結局大槌の小鎚の小川旅館絆館さん。幸い一部屋空いていた。ここは満腹保証!朝から雲丹!
元は役場近くにあったが、津波の直後の火事で全焼。去年暮れから現在の場所でプレハブ仮営業。あの時、何も食べるものなかったからたくさん食べてほしいとおかみさん。満腹二食付きで7800円と洋室8500円。
釜石からJR山田線動いてないので、バス山田・赤浜方面行きにて、マスト前下車。徒歩五分 電話0193‐42‐2628

今朝はそのバス、釜石と反対方面に乗り吉里吉里に。吉里吉里は斜面の町なので、高さによって被害がくっきり。
途中でトイレに行きたくなって困った。30分以上歩いてようやくファミマあり。助かった!
posted by しみかん at 15:36| 日記

2013年04月04日

快速はまゆり1号釜石行き遠野駅出発

大槌に向かっている。4人掛けに一人、足を投げ出して。幸い今日はお日様が出た。明るい盆地。さすがにもう麓には山にも雪はない。これから芽吹きかな。あ、さすがに高いところはまだ白い。

昨日は三菱さんの稽古のあと(この稽古場が丸の内の本店。東京駅すぐなので可能だった)、盛岡行き最終新幹線に飛び乗って、新花巻駅下車、もう在来線はとっくに終わっていて、タクシーで花巻駅前のホテルグランシェールに。
ここは宮澤さんのホテル。何回か泊まっている。長男の石っ子れんさんが中学一年の頃か、雑誌の親子の旅の企画て賢治さんの跡を訪ねた時もここ。賢治記念館で石の標本をじっと見ていたな。
来年、ある演出家から『風の又三郎』に誘っていただいた。50日の稽古とか…。とても恐ろしいことだけれども、残る人生、まことにありがたいことだし、縁もあることだし、よろしくお願いいたします。
又三郎のお父さんが探していたのは、モリブデンだったね。

今日は大槌を廻る。 どうして僕は長崎とか沖縄とか、そしてこの大槌、理不尽な大量の死ということに向き合わねばならない運命にあるのだろうか。

1月に亡くなった父の遺言の一つは、第二次大戦で南方で亡くなったという父の従兄弟をふくむ一族の供養。先日お墓参りはしたけれども、まだその南方が気になっている。さて。

今夜はどうするかまだ未定。釜石も泊まるところはまだ少なく、いっぱいらしいし。さて、遠野まで戻ってくるか? カッパ カッパ!
posted by しみかん at 10:14| 日記