2013年03月31日

冬支度で桜吹雪

昨日の響の会研究公演『木賊』(シテ山本順之師)終わって、私としても今年第一期、五尉能からの一段落。
皆さん、ありがとうございました。(そして、我ながら、お疲れさま。)
昨日の面はテッセン会の本面「阿瘤尉」。舞台で一生に何度見れるか?

今年は早く咲いた桜。うちの小田急線の相武台前駅から座間駅の間は線路沿いにずっと桜。ほかにも近所に桜有り。
寒いので真冬の支度で廻る。桜か雪か吹雪か!

座間キャンプの向こう側で土筆の群落を発見!雨降って水分もあり、今年最良の収穫。
しかし、帰り道の足の重さ。昨日の二時間近い舞台もあっという間に感じていたけれど、実はそうとう身体にきているようだ。
そこに、最良の土筆と鹿児島から到来の筍と庭の山椒で、最高のお疲れさまの肴。

学会発表のため帰っていた熱帯生物娘曰わく「勉強にも覚悟が必要だよ。」
能の地謡を謡うにも、あたりまえのことだけど、覚悟が。あらためて、覚悟を。

さあ、明日から4月。今年の第二期始まり。まずは明後日の稽古能で『養老水羽之伝』を舞う。また尉(じょう=じいさん)の能。爺さん万歳!
posted by しみかん at 23:06| 日記

2013年03月17日

彼岸の入り 花は咲けど








サンシュユが咲いている。サカキのかわいい豆ランタンのような花も咲いている。

梅はこの前の風にやられて終わってしまった。

やっぱり「お水取りの荒れ」だったのかな。

 

ムスカリの花が咲いてきたので横の野蒜を摘む。

ウラシマの芽も伸びてきたので横の野蒜を摘む。

ああ、それらをきれいにするのがなかなか時間のかかること。

しかし、お隣からいただいた佐渡の生わかめと共に、今夜の酒の肴の上等な一品に。

 

昨日は川口市の「文化資源を生かしたまちづくり 第二回リレートーク 風景は文化だ」の第3回、

<場と空間> 於旧田中家住宅 茶室

ゲストスピーカー 岸田省吾(建築家・東京大学名誉教授)

コーディネーター 岩崎敬(環境デザイナー・東京大学先端研客員研究員)

へ。

この旧田中家住宅は大正期の和洋折衷の豪邸。

何と和室の奥の便所には「袴脱ぎ」のスペースも!

蒔絵・金属アート・盆栽の作品も飾られ、終了後その作家さん達も交じってなかなか得がたい交流の時間。

一昨日感じた「きちんと伝承を受けていれば、やがてそれは幅の広い川のようになって、自由に泳げるようになるだろう」、

とかしゃっべってしまったようだが、他に何か余計なことを口走らなかったろうか。

 

一昨日は国立の『善知鳥』の後見。

陸奥の国・外の浜で死んだ猟師の霊が立山に現れ旅の僧に、故郷の妻子に言付を頼む。

「残していった蓑笠を手向けてくれ」と。

外の浜へ赴いた僧から、妻が形見の衣の袖を受け取るとまさにそれは残していった衣の袖であった。

やがて漁師の霊が現れ・・・。

 

この『善知鳥』は、『隅田川』と共に、現在の東北では上演することが難しい曲目といえるか。

しかし、東京であろうと、今の上演には本気でこの東北の情景を描写する覚悟が必要だろう。

「…所は陸奥の、奥に海ある松原の、下枝に交じる汐蘆の、末引きしをる浦里の、籬が島の苫屋形。

囲うとすれど疎らにて、月の為には外の浜、心ありける住居かな、心ありける住居かな・・・

立つや卒都婆の外は誰、蓑笠ぞ隔てなりけるや、松島や、雄島の苫屋内ゆかし、我は外の浜千鳥、

音に立てて泣くより他のことぞ無き・・・」

どんなにかしっかりした声でこれらを言わねばならないことだろう。

 

やがて東北でこれらを上演できるようになりたいものだが・・・。

 

「あら心うとうやすかた、安き隙なき身の苦しみを、濟けて賜べや御僧、

濟けて賜べや御僧と、言うかと思えば失せにけり」
 

今日は彼岸の入り。久しぶりに近くのお寺に詣り念仏を。

「南無阿弥陀仏」。

 

 
posted by しみかん at 23:22| 日記

2013年03月04日

3・4 普天間・佐喜眞の朝 再び桜坂

朝、佐喜眞美術館の屋上で普天間の基地を見ている。風が少し冷たい。鳥のさえずり。ツバメ発見。嘉手納からジェット戦闘機二機編隊。
この前も今回の展示は見たのだけれど、また来て、シャガールや丸木さんたちをゆっくり貸切状態で見る。

『沖縄戦の図』左下に「恥しめを受ける前に死ね 手りうだん下さい 鎌で鍬でカミソリでやれ 親は子を 夫は妻を 若ものはとしよりを エメラルドの海は紅に 集団自決とは手を下さない虐殺である 位里 俊」有り。

右下に、墨が濃くかかって今まで気がつかなかったが、「痛恨之碑」有り、「天皇の軍隊に虐殺された 久米島住民 久米島在朝鮮人」の文字有り。

さてバスにて那覇、桜坂に帰り、ソバ(大盛ソーキ・テビチ・フーチバー入り)食べて、また桜坂劇場にてドキュメンタリー映画『ハート(トランプ)沖縄@辺野古・高江・普天間』を見る。
桜坂劇場のファンクラブに入会。年会費千円、なんとシニア!なので今日の分は只!

せっかく追い風で羽田に少し早く着いたのに、相模大野行きバス、十六号ひどい渋滞。

こないだ、岩手・大槌の東梅洋子さんの詩集『うねり』を発行のコールサック社http://www.coal-sack.comから送ってもらったが、同じく送ってもらった韓国コ・ヒョンヨル氏の『長詩 リトルボーイ』(韓成禮氏訳)を往復に読んでいるが、まさに長い。

さてようやく相模大野か。
posted by しみかん at 19:25| 日記